INFORMATION

ドローン空撮における見積もり要件

撮影場所によって、飛行禁止区域や、許可申請等法律における制限や弊社の自主規制によって撮影が実施できない場合や、手続き等の費用が発生する場合があります。
お問合せや見積もり依頼において事前に以下のことをご確認ください。

見積もり要件1.撮影地情報

(1)撮影場所の住所
番地・号等住所詳細、又は緯度・経度データをご確認ください。
(2)撮影場所の概算面積
撮影場所の面積は、飛行範囲の概算面積です。又は、撮影場所住所地点を規定として○○メートル以内といった表現でも結構です。
(3)撮影場所の地目・撮影対象物
宅地、農地、山林、雑種地等の地目、及び住宅、ビル、工場、農場、商業施設、港湾、湖等土地や建物、人文字等の撮影対象物です。

 

見積もり要件2.撮影対象物に関する情報

(1)撮影対象物
建物(住宅、ビル、学校校舎、庁舎、工場、病院等)、施設(ダム、ショッピングセンター、アミューズメント、公園、港湾等)、土地(建設予定地、工事現場、田畑等)、自然(川、湖、山、島、海等)
(2)撮影対象物の高さ概算
地上から約何メートル程の高さがあるかの概算です。
(3)撮影データの利用目的
ホームページ発信、パンフレット作成、放送・ビデオ作成、記録保存等の利用目的です。

 

見積もり要件3.撮影データの形式・品質

写真か、映像かの撮影方法と件数によって、金額は異なります。件数も概算であり、基本的に飛行回数や飛行場所の移動等が見積もり金額に反映されます。 データの保存フォーマットや画質(データ量)形式において料金が異なることはありません。

(1)写真撮影又は映像撮影の別
(2)撮影において離着陸の場所を移動する必要性
見晴らしがよく障害物が無い場合で200m以内であれば移動の必要はありません。 事前にわからない場合には、弊社で調査します。
(3)撮影地点の大まかな撮影件数
どのような映像や写真が必要か大まかな内容と撮影ポイント件数です。撮影データの件数によって料金が異なることはありません。1飛行の撮影時間は10分以内(着陸まで15分)です。

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ一覧

PAGE TOP